病院紹介

病院紹介

病院概要

院長 黒須 光男
病床 42床 (個室6 4人部屋3 6人部屋4)
平均在院日数 16日
救急指定 2次救急
看護配置 10対1
診療科目 整形外科、消化器外科、内科、リハビリテーション科
特殊外来 泌尿器外来、巻き爪専門外来
付属部門 健診センター、内視鏡センター、リハビリテーションセンター
常勤医師 4名
非常勤医師 12名
職員数 76名

クロス病院の診療科目

  • 整形外科
  • 消化器外科
  • 内科
  • リハビリテーション科
  • 整形外科

    当科の特徴

    骨折・捻挫・脱臼などの外傷、腰痛・五十肩・変形性関節症などの一般的な整形外科疾患に加え、膝・肩関節などのスポーツ障害、脊椎疾患などの治療を行っており、患者さんの社会的背景、ニーズに対応しております。 手術治療では、スポーツ障害の代表的疾患である膝前十字靱帯損傷や半月板損傷、反復性肩関節脱臼の手術治療を中心に行っております。

    手術は関節鏡視下手術(小さなカメラとモニターを使用する手術で傷が小さく、痛みも少ない)を行い、早期スポーツ復帰を可能にしております。

    また、高齢者の方の膝痛に対する人工膝関節置換術は最小侵襲手術(皮膚や筋肉の切開を可能な限り小さくする)を行っており、約3~4週で退院可能です。

  • 消化器外科

    当科の特徴

    当科では皮膚の腫瘤や外傷などの一般的な外科疾患の治療から、虫垂炎、内痔核などの肛門疾患、そけいヘルニア、胃食道逆流症を伴う食道裂孔ヘルニア、胆石症、消化管がん(胃、大腸)などの消化器疾患の手術まで幅広く行っています。

    手術療法では主に腹腔鏡手術を行っており、患者さんの病状、社会的背景、QOLを考慮し、早期に日常生活に復帰できる治療を行っております。

    当科で行っている主な手術

    ① 腹腔鏡下鼠径部ヘルニア修復術(TAPP)
    ② 腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニア修復術(Lap-vent)
    ③ 腹腔鏡下虫垂切除術(Lap-appe)
    ④ 腹腔鏡下胆嚢摘出術(LSC)
    ⑤ 腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア修復術(Lap Nissen fundoplication)
    ⑥ 腹腔鏡下胃悪性腫瘍手術(LAG,LECS)
    ⑦ 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術(LAC)
    ⑧ 内痔核に対する四段階注射法(ジオン注)

  • 内科

    当科の特徴

    当院内科では高血圧、不整脈などの循環器疾患、気管支喘息、肺炎などの呼吸器疾患はもちろん、生活習慣病といわれる糖尿病、高脂血症などを含め、専門外来での治療もおこなっております。健康診断で要再検査の指摘を受けられた方には検査・治療を含めたご相談にも応じております。

    また、消化器疾患全般(食道、胃、小腸、大腸などの消化管、肝臓、胆のう、膵臓など)、おなかの中の臓器に原因がある疾患の治療もおこなっています。腹痛、吐き気、胸焼け、胃もたれ、腹部膨満感、下痢、便秘などの症状でお悩みの方は気軽にご相談ください。

  • リハビリテーション科

    当科の特徴

    ラテン語のrehabilitare(再び(re)、人間らしい状態にする(habilitare))という語源が示す通り、心身の機能障害の回復と社会生活への復帰を意味しています。

    対象は、整形外科分野にて骨折・靱帯損傷・腰痛(脊柱管狭窄症、ヘルニア)・変形性関節症など、内科分野にて脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)です。

アクセス

  • 1. 京王新線、幡ヶ谷駅、北口を出ると甲州街道に出ます。
  • 2. 駅を背にして、右へ(笹塚方面)150メートル行くと、右手にライフが見えます。
  • 3. ライフの角を右に曲がって、左手に駐車場がある建物です。
  • 4. 入り口を入り、右手へ向かうと受付があります。