クロス病院

リハビリテーション科

リハビリテーションとは

ラテン語のrehabilitare(再び(re)、人間らしい状態にする(habilitare))という語源が示す通り、心身の機能障害の回復と社会生活への復帰を意味しています。
対象は、整形外科分野にて骨折・靱帯損傷・腰痛(脊柱管狭窄症、ヘルニア)・変形性関節症など、内科分野にて脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)です。

理学療法士とは

日常生活の中で、病気や事故、加齢等様々な理由により負った、身体の不自由を理学療法を駆使し、治療・訓練・援助の中心的な役割を担います。
当院では、医師、看護師と共同して、治療プログラムを作成(筋力トレーニング、関節可動領域訓練、歩行訓練など)施行します。

理学療法とは

理学療法は大きく大別して 「運動療法」、「物理療法」、「日常生活活動訓練」の3つに分かれます。

●運動療法とは

動きの悪くなった関節可動域拡大や筋力低下に対する強化、体力の維持・向上のために様々な運動・体操を行っていきます。

●物理療法とは

電気・温熱・温水・光線などのエネルギーを用いて痛みを和らげたり運動しやすくします。 詳しくはコチラをご参照ください。

●日常生活動作訓練とは

起き上がる・すわる・立つ・歩くなどの日常生活の基本となる動作について、理学療法士が助言・指導・訓練を行っていきます。



  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
ページのトップへ