クロス病院

そけいヘルニアとは?

一般的に『脱腸』と呼ばれる良性の病気です。小児と成人とは原因が違い、治療法も異なります。小児のそけいヘルニアは自然に治るケースもありますが、成人そけいヘルニアは加齢と共に下腹部から太ももの付け根(そけい部)の組織が脆弱になり、その部分からお腹の中にある腹膜が袋状に飛び出してくることによっておこります。


そけいヘルニア(脱腸)になりやすい人

加齢 特に40歳以上の男性 職業 お腹にチカラがかかる仕事 立ち仕事をする人
日常生活 咳をよくする人 妊娠している人 過度な運動をする人 病気など 便秘症 肥満 喘息 小児期にヘルニアの既住 前立腺手術の既住

どのように診断するのでしょうか?

ほとんどの場合、太ももの付け根(そけい部)の出っ張りに気づくことで自己診断が可能です。診察時は問診のあと、患者さんにお腹にチカラを入れてもらい、手で膨らみの部分を触りヘルニアの状態を調べます。その他、診断を確実にするために超音波検査やCT検査が役立つ場合があります。


なぜ、手術が必要なのでしょうか?

残念ながらヘルニアは自然に治りません。時間の経過とともに大きくなり進行します。ヘルニアバンド(脱腸帯)やコルセットを長期間装着しても治療にはなりません。したがって、手術が最善の方法なのです。出っ張ったまま戻らなければ嵌頓という状態になり、激しい痛みを伴います。この状態を長時間放置すると血行障害で内蔵が腐ってしまうため緊急手術が必要になります。

痛みが無い場合は大丈夫?

命にかかわる事は少ない病気ですから、わずかな出っ張りで特に痛みがない場合、注意して経過をみていくのが一般的です。ただし、経過をみても治ることはありません。日常生活に不便がなければ治療を急ぐ必要はありませんが、余裕のあるときに早めに治療することをおすすめします。


どのような治療法があるのでしょうか?

ヘルニアの手術には一般的に補強材(メッシュ)を用い、ヘルニアの出口を覆うのが一般的ですが、手術方法の一つに腹腔鏡手術があります。

当院では腹腔鏡下そけいヘルニア修復術(ラパヘル)を積極的に行っています。お腹を切らないので術後の痛みが少ない、お腹の中から観察するのでヘルニアのある場所の診断が確実、ヘルニアになりやすい3ヶ所の場所を補強材(メッシュ)で広く覆うため再発が少ない、などが特徴です。麻酔は全身麻酔で手術時間は片側で60分程度です。

他に知っておきたい情報

毎週水曜日(午後3時~4時30分)にヘルニア外来を開設しています。外来にて診察後に手術の必要性がある場合は、手術前の検査を行い、手術日を決定します。手術当日、午前に入院してもらい早ければ1泊2日で退院が可能です。


そけいヘルニア外来・入院・手術の流れ

そけいヘルニア外来は毎週水曜日の午後です。電話でのお問合せは03-6300-5653(直通ダイヤル)へお願いします。メールからもお問合せ可能です。

初診

問診票記入、診察の後にCT検査をおこないます(大学病院等でCT検査を済ませ、結果をお持ちの方は不要です)。手術を予約する方は手術の説明、血液検査、心電図検査、呼吸機能検査、レントゲン検査をおこないます(診察と検査で1時間位かかります)。

入院・手術

手術当日午前中に入院。手術前処置(浣腸、臍処置、シャワー浴、マーキング)を行い、午後から手術開始(手術時間は片側60分程度です)

退院

早ければ1泊2日で退院可能です。

診察(術後)

手術1週間位で来院していただき手術部位のチェックをします。

診察(術後1ヶ月)

手術部位の経過を見るために来院していただきます。
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
ページのトップへ